亜麻を使用した高級ブランド「120%linoCASA」公式サイト

120%LINO CASA

Lino CASA

「120%LINO CASA」は、イタリア ボローニャにて1990年にアルベルト・ペレット氏が創業しました。
古代エジプトでは、リネンは“Woven Moonlight(月光で織られた生地)”と呼ばれ、広く神事にも使用されてきました。
ヨーロッパの多くの家庭で、家宝として受け継がれているテーブルクロスやベッドリネン。

ごあいさつ2

家風や品格、美意識を象徴するリネンは、大切な家伝の品とされ本物だけを愛する伝統です。
アルベルト氏の情熱は人類最古の繊維と言われる麻を特殊な染め『tinto capo』技法を使い、タイムレスなコレクションを発表しており、また2015AWからはホームウェア(メンズ、レディース)をローンチいたします。

日本初上陸は、この7月1日。
東京・新宿の伊勢丹本店、インテリアコーナーにて7月14日までの間、お目見えいたします。

アイテム

ホームウェア(メンズ、レディース)、タオル、バスローブ、ナイトドレス、パジャマ、テーブルクロス、ベッドリネン、キャンドル、ディヒューザー

PICKUP